【厳選4サイト】保育士転職求人サイト2019年

保育ひろば

https://hoiku-hiroba.com/

【保育ひろばとは】
保育ひろばについて保育士の求人・転職・募集なら「保育ひろば」♪
保育ひろばは、北海道から沖縄まで全国47都道府県の保育士・幼稚園教諭の求人募集情報を掲載している保育士求人専門の転職支援サービスです。
経験豊富な地域専属のコンサルタントが全国4万件以上の施設の中からあなたの希望条件に合う職場をご紹介します。
人気の認可保育園の求人をはじめ、病院内保育、事業所内保育、病児保育といった保育士求人以外にも、幼稚園、認定こども園、学童まで幅広い求人を取り扱っているので様々なご要望にお応えできます。
もちろん厚生労働大臣認可やプライバシーマークも受けているので安心してご利用いただけます。 サービスはすべて無料です。

【保育ひろばの特徴】
1.地域に精通した専任コンサルタントがトップクラスの保育士求人の中からピックアップ保育士・幼稚園教諭の求人を専門に扱う保育ひろばでは、各エリア特性を熟知したコンサルタントがいるから、あなたの知りたいにしっかりお応えします。
非公開の保育士求人情報も多く、自分ひとりでは探しづらい保育士の求人・募集情報も保育ひろばだからこそご紹介可能です。
勤務時間、休日、お給料といった保育士・幼稚園教諭の求人情報はもちろん、雰囲気や周辺環境、通勤、残業など、実際のご転職後をイメージしながら保育の求人検索が可能です。
2.ご利用満足度94.2% 完全無料で保育士の転職を徹底サポート保育ひろばは、保育士の皆様のご利用満足度94.2%。
特に今までの保育の転職で入職後のギャップに悩んだ方、他の紹介会社に不満を 持っている方からの満足度が非常に高いです。
それは保育ひろばがご登録、ご相談の段階からご入職に至るまで完全無料で保育士の転職を徹底サポートするから。
ご希望に合った保育士の求人をご紹介するのはもちろん、さらに面接対策や複数同時応募、条件交渉、そして保育園・幼稚園との連絡や各種調整、入職手続きの代行を一手にサポートします。
また、現職の退職交渉の相談にのることで一緒に解決の糸口を探ります。

保育Fine!

https://hoiku.fine.me/

「保育Fine!」は保育関連の求人サイトです。
会員登録をすると、気になる求人をお気に入り登録して、いつでも見ることができます。
ぴったりな求人を紹介会社に探してもらうこともできるので、なにかと手間のかかる転職もラクラク!
お仕事をお探しの方へ会員登録をすると、応募の度に住所や名前などの情報を入力する手間を省くことができます。登録は無料!
保育Fine!を便利に使う!掲載されている求人に応募するのはもちろん、お気に入り登録できる機能を使えば、気になった求人の比較もカンタン!仕事探しに便利に使えます。

マイナビ保育士

https://hoiku.mynavi.jp/

保育園に精通した専門のキャリアアドバイザーが、ご希望に合った求人を複数ご紹介します。
また、保育園を利用中のママ、パパ、そして保育士経験者もキャリアアドバイザーとして在籍。
履歴書や自己PRの書き方のサポート、求人のご案内などご登録から内定まできめ細かにサポート。
マイナビ保育士では、転職相談会(面談)はもちろん、多忙な方にはお電話やメールでの求人紹介も実施しています。
ご登録は1分で完了!複雑な手続きなどなく、どなたでも簡単にご利用になれるサービスです。

保育士バンク!

https://www.hoikushibank.com/

保育士バンクでは、保育士・幼稚園教諭の転職活動をサポートしています。
公立保育園から私立認可保育園、幼稚園はもちろん、認定こども園、準認可保育園、託児所、学童保育まで、さまざまな保育士求人をご用意しています。
気になる保育士求人があれば、電話やメールでお問い合わせください。
地域の保育園・幼稚園の求人/募集情報に精通した キャリアアドバイザーがあなたに最適な求人をご紹介させていただきます。

保育サービス基礎知識

保護者が自治体と契約する認可保育所と直接契約する認可外の保育事業者に分かれる。
運営主体のほとんどは自治体や社会福祉法人で、株式会社の占める割合は3~4%程度とされる。
全国の待機児童数(2017年4月時点)は2万6801人で3年連続の増加。政府の統計にも入らない「隠れ待機児童」も7万人規模とされる。
保育所運営の担い手となる保育士の不足を背景に、各事業者は思うように保育所を増やせない状況。

日経業界地図2019年度版

保育サービスの動向

政府は2018年6月幼児教育保育を「無償化」する方針を発表した。
19年10月から認可保育所や幼稚園、認定こども園は全額、認可外保育所は全国の認可保育所の平均額を上限に保育料を支給する。
35歳の子供が対象だ。
待機児童対策も進める。
20年度末までに32万人分の受け皿を整備し、13年度からの分を合わせて累計85万人分の新しい受け皿を用意する計画。
企業の職員を主な対象にし、認可保育所並みの料金で地用できる。「企業主導型保育所」などの仕組みを活用し、保育所の整備を進める。

日経業界地図2019年度版